ホーム » 廃車買取

定休日・休業日

赤背景色は定休日または休業日です。

  • 2018年12月の休日
  • 2019年1月の休日
  • 2019年2月の休日

どんな車でも買取り致します!

廃車、事故車など、どんな車でも!

廃車、事故車、水没車、不動車、車検切れ車、多走行車、ディーゼル車、トラック … どんな車でも無料査定! まずはお気軽にご相談ください。

弊社の廃車買取のポイント

車両の引取無料!
動かなくなった車、車検切れになった車でも無料で引取をいたしますのでご安心ください。

廃車手続きも無料!
抹消登録や自動車税還付手続きなど、面倒な廃車手続きを無料でお手伝いいたします。廃車にすると自賠責・重量税の還付(車検が残っている場合)が受けられます!

立ち会い不要!
打ち合わせの上、お客様の立ち会い不要での引取も可能です。お仕事で日中に時間をつくるのが難しい方でも安心してご依頼くださいませ!

即日現金お支払い!
商談が成立すれば(必要書類有り)、その場ですぐに現金をお支払いいたします! 詳しくは「廃車買取の流れ」のページをご覧くださいませ

Tポイントが貯まる!
当店では「廃車・買取」のご成約でTポイントを500ポイント付与させていただきます!

車両持込特典!
車両持込の方に クオカード 1,000円分プレゼント!!
お持ち込みをされた場合には、お近くの交通機関(駅)までお送りいたします。

手続きで分からないことがありましたら、メール、お電話、LINE をご利用の上、
お気軽にお問い合わせください。
弊社の専門スタッフがサポートいたします。

LINE@からも簡単無料査定を承っています!

当店では「廃車・買取」のご成約でTポイントを
500ポイント 付与させていただきます!

創業30年の実績。リピーターが多いのは信頼の証です!

積載車で引取ますすべての車両は「自動車リサイクル法」に則り処分されます。

現在、2005年に制定された「自動車リサイクル法」に則り、入庫したすべての車両は電子マニフェストに登録され最終処分場まで管理されます。

使用可能な部品は中古部品(リサイクルパーツ)として再利用し、再利用できないパーツはスクラップ・分別され、資源として再利用されます。

【背景】

従来、自動車の廃車手続きは「自動車解体業者」等の経済活動によってリサイクル・処理が行われてきました。廃車となった車両は、その自動車を引き取った解体業者による中古部品や金属の回収により、約80%という高い割合でリサイクルされ、残りの20%は産業廃棄物として処理されていました。ところが、近年の産業廃棄物の処分費高騰、不安定な金属価格(高騰による搾取も)、残念なことに不法投棄を行う業者等、これまでの業界の方法では対応しきれなくなってしまったのです。
また、オゾン層破壊や地球温暖化の要因であるエアコン冷媒のフロン類と、安全な処理に専門的技術が必要なエアバッグ類の適正処理も課題となってきたことから、政府は2005年1月に「自動車リサイクル法」を制定しました。

この法律により、自動車に関わる業者だけでなく車を使用する国民も互いに役割を分担し、自動車の適正な処理、リサイクルを推進させる役割を果たしているのです(自動車リサイクル法で適正処理された車のリサイクル率は約99%になっています)。

「自動車リサイクル法」4つポイント

  1. 自動車購入時にリサイクル料を納める。
    リサイクル料は3品目(シュレッダーダスト、フロン類、エアバック類)の処理に使われます。
  2. 廃車登録する自動車を引取業者へ引き渡す(一時抹消を除く)。
  3. 廃車登録の際、リサイクル券(A、B券)の提示を必要とする。
  4. 車検が残っている場合、自動車重量税の還付が受けられる。

より詳しい情報は 自動車リサイクル促進センター へ

地球にやさしいゴミゼロのクリーン解体

泉自動車解体では、地球環境規模での環境破壊の重要性を認識し、積極的に環境負荷の低減と保全に努め、廃自動車リサイクル、リサイクルパーツの販売、産業廃棄物中間処理の事業活動を通じて環境リサイクルに貢献する「地球にやさしいゴミゼロのクリーン解体」を実現しています。

解体の様子(解体工程)

車体入庫

買取車両の車体が入庫お客様からご依頼を受け買取済みの廃車車両が入庫します。
入庫された車両はすべて車体番号でコンピュータ管理されます。次の作業工程に移るまでストックされます。

フロンガスの抜き取り

フロンガスの抜き取りオゾン層保護、地球温暖化防止のため車両内のフロンガスを回収するよう自動車リサイクル法で定められています。回収されたフロンガスは、メーカー指定の破壊施設に移送し無害化処理が施されます。

エアバックの取り外し(展開) オイル類の回収

エアバックの取り外し、オイル類の回収未動作のエアバックは大きな騒音と衝撃が発生することから、安全に処理する手引きに基づいた措置を実施しなければなりません。回収されたエアバッグは適正処理され(エアバッグの再販などは違法行為となります)、構成部品中の金属などは資源としてリサイクルされます。

ガソリン・軽油などの燃料、エンジンオイル・不凍液などを抜き取り回収します。回収しないと、火災などの原因になるだけではなく、河川などへの流出による公害を防ぐためでもあります。

部品外し

部品外し外装部品やパンパー、ドア、フェンダー、サスペンション、ドライブシャフト、マフラー、等の取り外しを行います。

中古部品として品質チェック・保管・販売

中古部品の販売キズや機能の状態を確認し、リユース部品として使えるか見極めます。使えると判断されたものは、汚れを落とし写真撮影をしてから保管します。同時にヤフオクなどのネット販売の登録も行います。

中古部品取り扱いにつきましては「中古部品販売」のページをご覧ください。

解体・分別

解体・分別プラスチック類、ガラス、バッテリーなどの非金属類を取り外します。

ニプラーを使用して、手作業では時間のかかるハーネス類の取り外しを行います。

使えると判断されたものは、汚れを落とし磨き写真撮影をし、ビニール等で傷が付かないように梱包し保管しています。

同時にヤフオクやネット販売の登録を行い、毎日全国に販売・発送しております。

【営業エリア】宮城県 - 仙台市 [ 青葉区・宮城野区・泉区・若林区・太白区 ]・多賀城市・塩釜市・大和町・大郷町・富谷市・大衡村・東松島市・松島町・七ヶ浜町・利府町・大崎市・加美町・色麻町・涌谷町・美里町・石巻市・登米市・栗原市・名取市・岩沼市・亘理町・大河原町・白石市・角田市など 他のエリアもご相談ください!